■■■映画館と映画な日々■■■
   映画の紹介兼感想を、感じるままに書き留めてます。 いい映画館でいい映画を観たいという想いから、映画館の紹介も。まだまだ探索中。
  >> ホーム
  >> RSS
可南
Author:可南
映画が好き。
物語に入り込むのが好き。
最近穴場な映画館で2本立を見ることにはまりつつあります。


カテゴリ
大阪の映画館(3)
兵庫の映画館(2)
京都の映画館(1)
映画ニュース(3)
見たい映画/5・6月公開(8)
見たい映画/7・8月公開(4)
見たい映画/9・10月公開(3)
見たい映画/11・12月公開(0)
見たい映画/2006年公開(1)
見たい映画/公開日未定(5)
見たい映画/レンタル(0)
映画作品 あ行(6)
映画作品 か行(7)
映画作品 さ行(7)
映画作品 た行(4)
映画作品 な行(0)
映画作品 は行(9)
映画作品 ま行(4)
映画作品 や行(0)
映画作品 ら行(4)
映画作品 わ行(0)
過去の記事
2005月09月 (3)
2005月08月 (7)
2005月07月 (12)
2005月06月 (20)
2005月05月 (20)
2005月04月 (9)
リンク
パルシネマしんこうえん
テアトル梅田   
梅田ガーデンシネマ    
シネ・リーブル梅田
京都みなみ会館   
シネ・ヌーヴォ九条
天王寺アポロシネマ
千里セルシーシアター
CINEMAしんげき
シネ・ピピア
梅田ブルク7
ナビオTOHO
梅田ピカデリー
OS劇場
三番街シネマ
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 話題作の新キャスト情報
□ミッション:インポッシブル3□

監督はTVシリーズ「エイリアス」などを手がけるJ・J・エイブラムス。
出演はもちろんイーサン・ハントことトム・クルーズと、ケネス・ブラナー、キャリー=アン・モス、スカーレット・ヨハンソンなどが決定している。
そしてイーサン・ハントの仲間としてジョナサン・リース=マイヤーズ(!)、イーサンの恋人としてミシェル・モナハンが決定。



□ダ・ヴィンチ・コード□

監督は「ビューティフル・マインド」のロン・ハワード。
出演者にはトム・ハンクス、オドレィ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノなどがすでに決定。
そして「スパイダーマン2」のタコ男、アルフレッド・モリナも出演します。
そしてそして「ロックユー」「ビューティフルマインド」などで独特の存在感を魅せているポール・ベタニーも決定。
スポンサーサイト
映画ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/06/03(金) 00:56)

 カンヌ!
第58回 カンヌ国際映画祭 が5月11日?21日まで開催されております。

official siteにて写真満載のレポートがアップされており、なんとも豪華。
気になる作品もいっぱいあるのでまたまとめようかと思います。

d0032850_15184889.jpg


上写真は特別招待作品として上映された「スターウォーズ エピソード? シスの復讐」の出演者たち。ナタリー・ポートマンのスキンヘッドがあまりにも素敵です。新作で自由の闘士を演じる為だそう。

映画ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/20(金) 20:45)

 We Want STAR WARS !!
スター・ウォーズ最終章、「エピソードⅢ シスの復讐」が大絶賛のもよう。
5月19日の全米公開を前に行われた試写会での様子が掲載されていました。

d0032850_1520258.jpg

以下FujiSankei Business i より。

ハリウッド芸能誌のメディアの声
「旧3部作のフォースが復活した。驚異的なヒットになるだろう」
「これを見れば、誰もがすぐにシリーズ全6作を見直したくなるだろう。世界的な大ヒットを記録するのは言うまでもない」

スピルバーグ監督
「これ以上望みようがない素晴らしい締めくくり」と絶賛。試写で感涙したことを明らかにした。

約20分にわたるオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーの子弟対決は、映画史に残る名シーンになるだろう。ちなみに、ダース・ベイダー誕生の秘密が明らかになった瞬間、会場からはどよめきと拍手が起きた。

しかし何といっても素晴らしいのは、1作目のタイトル「新たなる希望」を想起させるラストシーンだ。ファンはもちろん、大勢の人々が心を揺さぶられることは間違いない。上映時間の140分があっという間だった。


・・・と、まぁとんでもなく絶賛の嵐。
過去の3部作と比べられてか、エピソードⅠとエピソードⅡは評価的にあまり良くなかった。「スター・ウォーズ」自体がただむしょうに好きな、私のようなファンにしてみればそんな評価なんてどうでも良かったけど、やはり最終章にしてここまで評価が良いと嬉しい。ますます期待大。

日本公開は7月9日。

映画ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/18(水) 15:38)

最近のエントリー

ターネーション(09/04)
キャバレー / 2005.9.4 DVD(09/04)
スプラウト / 2005.9.1 梅田ガーデンシネマ(09/04)
コールドマウンテン / 2005.8.20 DVD(08/24)
ジョゼと虎と魚たち / 2005.8.20 DVD(08/24)
シカゴ / 2005.08.14 DVD(08/19)
この世の外へ クラブ進駐軍 / 2005.8.13 DVD(08/19)
フラッシュダンス / 2005.08.13 DVD(08/19)
サヨナラCOLOR / 2005.8.11 試写会(中央公会堂)(08/19)
Everything is Illuminated(08/10)


最近のコメント



最近のトラックバック

リ・マイブラ:【孤高の天才キーボーディスト】Money Mark(マニー・マーク)(09/10)


Copyright © 2004 ■■■映画館と映画な日々■■■. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。