■■■映画館と映画な日々■■■
   映画の紹介兼感想を、感じるままに書き留めてます。 いい映画館でいい映画を観たいという想いから、映画館の紹介も。まだまだ探索中。
  >> ホーム
  >> RSS
可南
Author:可南
映画が好き。
物語に入り込むのが好き。
最近穴場な映画館で2本立を見ることにはまりつつあります。


カテゴリ
大阪の映画館(3)
兵庫の映画館(2)
京都の映画館(1)
映画ニュース(3)
見たい映画/5・6月公開(8)
見たい映画/7・8月公開(4)
見たい映画/9・10月公開(3)
見たい映画/11・12月公開(0)
見たい映画/2006年公開(1)
見たい映画/公開日未定(5)
見たい映画/レンタル(0)
映画作品 あ行(6)
映画作品 か行(7)
映画作品 さ行(7)
映画作品 た行(4)
映画作品 な行(0)
映画作品 は行(9)
映画作品 ま行(4)
映画作品 や行(0)
映画作品 ら行(4)
映画作品 わ行(0)
過去の記事
2005月09月 (3)
2005月08月 (7)
2005月07月 (12)
2005月06月 (20)
2005月05月 (20)
2005月04月 (9)
リンク
パルシネマしんこうえん
テアトル梅田   
梅田ガーデンシネマ    
シネ・リーブル梅田
京都みなみ会館   
シネ・ヌーヴォ九条
天王寺アポロシネマ
千里セルシーシアター
CINEMAしんげき
シネ・ピピア
梅田ブルク7
ナビオTOHO
梅田ピカデリー
OS劇場
三番街シネマ
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 ライフ・イズ・ミラクル
images.jpg

監督: エミール・クストリッツァ
脚本: エミール・クストリッツァ、ランコ・ボジッチ 
音楽: エミール・クストリッツァ、デヤン・スパラヴァロ
製作国: セルビア=モンテネグロ/フランス 
 
出演: スラヴコ・スティマチ
ナターシャ・ソラック
ヴク・コスティッチ

紛争が勃発して家族はバラバラ。そして彼は捕虜と恋に落ちる。

officialsite
オフィシャルサイト

ガーデンシネマ梅田にて。夏公開予定。

スポンサーサイト
見たい映画/7・8月公開 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/30(月) 22:47)

 巴里のアメリカ人 / 2005.5.27 DVD
parisinamerica.jpg

監督: ヴィンセント・ミネリ
脚本: アラン・ジェイ・ラーナー
作曲: ジョージ・ガーシュウィン
音楽監督:  ジョニー・グリーン、ソウル・チャップリン 
製作国: アメリカ
 
出演: ジーン・ケリー
レスリー・キャロン
オスカー・レヴァント
ニナ・フォック
ジョルジュ・ゲタリ

パリで画家修業を続けるジェリーが、友人の婚約者リズと恋に落ちて、、。モダン・バレエによるミュージカル劇。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓

[巴里のアメリカ人 / 2005.5.27 DVD]の続きを読む
映画作品 は行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/30(月) 00:41)

 マイ・ビッグ・ファット・ウェディング / 2005.5.27 DVD
wedding.jpg

監督: ジョエル・ズウィック
脚本: ニア・ヴァルダロス
音楽: アレクサンダー・ジャンコ、クリス・ウィルソン 
 
出演: ニア・ヴァルダロス
ジョン・コーベット
マイケル・コンスタンティン
レイニー・カザン

ギリシャ系の家族親族に囲まれた女性が、ギリシャ系ではない男性と恋に落ちる。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓

[マイ・ビッグ・ファット・ウェディング / 2005.5.27 DVD]の続きを読む
映画作品 ま行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/30(月) 00:19)

 永遠のハバナ / 2005.5.28 第七藝術劇場
d0032850_13234721.jpg

監督: フェルナンド・ペレス
脚本: フェルナンド・ペレス
音楽: エデシオ・アレハンドロ/エルネスト・シスネロス
製作国:キューバ/スペイン

キューバの首都ハバナを、映像と音楽と街の音のみでつづるドキュメンタリー。

オフィシャルサイト
officialsite

2005/5/28~ 第七藝術劇場にて。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓

[永遠のハバナ / 2005.5.28 第七藝術劇場]の続きを読む
映画作品 あ行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/29(日) 23:20)

 ナルニア国物語~第1章:ライオンと魔女
監督: アンドリュー・アダムソン
原作: C・S・ルイス
脚本: アンドリュー・アダムソン、クリストファー・マーカス、スティーヴン・マクフィーリー、アン・ピーコック

音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ、エイミー・リー
製作国: アメリカ
 
出演: ジョージー・ヘンリー
ウィリアム・モーズリー
ティルダ・スウィントン
声の出演: ルパート・エヴェレット
ブライアン・コックス

officialsite
オフィシャルサイト
見たい映画/2006年公開 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/27(金) 14:48)

 チャーリーとチョコレート工場
charlie.jpg

監督: ティム・バートン
原作: ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』
脚本: ジョン・オーガスト、パメラ・ペトラー
撮影: フィリップ・ルースロ
音楽: ダニー・エルフマン
製作国: アメリカ/イギリス
 
出演: ジョニー・デップ
フレディ・ハイモア
ヘレナ・ボナム=カーター
クリストファー・リー
ミッシー・パイル
デヴィッド・ケリー

夢のチョコレート工場に招待されたチャーリーのお話。

offisialsite
オフィシャルサイト

2005年9月公開予定。

見たい映画/9・10月公開 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/27(金) 13:58)

 スター・ウォーズ エピソード? / シスの復讐
rots.jpg

監督: ジョージ・ルーカス
脚本: ジョージ・ルーカス
音楽: ジョン・ウィリアムズ
 
出演: ユアン・マクレガー
ナタリー・ポートマン
ヘイデン・クリステンセン
クリストファー・リー
サミュエル・L・ジャクソン
フランク・オズ

言わずと知れた「スター・ウォーズ」の最終章。


officialsite
オフィシャルサイト
オフィシャルサイト

7月9日より公開。
見たい映画/7・8月公開 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/27(金) 12:56)

 ウィスキー
whisky-1.jpg

監督: フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール
脚本: フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール、ゴンサロ・デルガド・ガリアーナ
音楽: ペケーニャ・オルケスタ・レインシデンテス
製作国: ウルグアイ/アルゼンチン/ドイツ/スペイン
 
出演: アンドレス・パソス
ミレージャ・パスクアル
ホルヘ・ボラーニ
ダニエル・エンドレール
アナ・カッツ

小さな靴下工場を経営する年老いた男、突然帰郷した弟、経営者に頼まれ偽装夫婦を演じることになる中年女性従業員、そんな男女3人が奇妙な共同生活を送ることになる。
オフィシャルサイト
officialsite

テアトル梅田にて。5月中旬より。
見たい映画/5・6月公開 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/26(木) 10:48)

 五線譜のラブレター DE-LOVELY / 2005.5.21 パルシネマ
delovely.jpg

監督: アーウィン・ウィンクラー
脚本: ジェイ・コックス 
作詞作曲:  コール・ポーター
 
出演: ケヴィン・クライン
アシュレイ・ジャッド
ジョナサン・プライス
ケヴィン・マクナリー
サンドラ・ネルソン
アラン・コーデュナー

実在の作曲家コール・ポーターと、妻との愛を描いたミュージカル。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓

[五線譜のラブレター DE-LOVELY / 2005.5.21 パルシネマ]の続きを読む
映画作品 か行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/25(水) 22:44)

 巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト)/ 2005.5.21 パルシネマ
V09000.jpg

監督: アラン・レネ
原作戯曲: アンドレ・バルド
脚本: アラン・レネ
音楽: ブルーノ・フォンテイン、モーリス・イヴェン
製作国: フランス
 
出演: サビーヌ・アゼマ
ピエール・アルディティ
オドレイ・トトゥ
ランベール・ウィルソン
ジャリル・レスペール
イザベル・ナンティ

男女5人の思惑や駆け引きが交錯した恋愛模様描いたミュージカル作品。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓

[巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト)/ 2005.5.21 パルシネマ]の続きを読む
映画作品 は行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/25(水) 21:49)

 パルシネマしんこうえん
■住所■ 
兵庫県神戸市兵庫区新開地1-4-3
■交通■
地下鉄湊川公園駅東5出口から南へ徒歩1分
(東5番出口を出ると道路を挟んだ右手。上映中の映画のポスターが見えます。)
■電話■
078-575-7879
■座席数■ 135
■料金■ (2本立て上映。)
一般¥1200
大学¥1000 高校¥900 中学¥900 小人¥700 
シニア¥1000 身障者¥1000
■割引■
パルカード 1枚 ¥1000
 (年内有効で、毎回200円引き。受付にて発売中。)
ラスト1本¥1000 
いずれかが50歳以上の夫婦ペア¥2000(年齢は要証明) 
サービスデー(毎月1日)¥900 
神戸映画サークル会員一般¥1100 
身障者付添者(1名まで)¥1000 

女性の方への優先席として、白いカバーのついていない席をすすめてくれます。
膝掛けあり。館内のジュース、お菓子はすべて100円で販売。

2004年末に館内を改修されました。椅子、音響システム、エアコンなどを改良され、特に椅子は以前に比べて良い感じです。

■オフィシャルサイト■

d0032850_16271450.jpg

外観から「昔ながらの映画館」的な雰囲気が漂っていて、入ってみると館内もとても素敵。ちょっとした休憩スペースも、支配人さんの笑顔も、ほっと和みます。手作りのちらし「しんこうえん かわら版」ではおすすめ映画の解説や、お客さんと支配人の会話があり、こちらもほっとさせられます。

毎回2本立てで上映される作品はテーマに沿っていて、パルらしい2本を楽しむことができます。ほんとに映画好きによる映画好きのための映画館。ちょっと遠いので頻繁に通うことができないのがほんとうに残念。

ぜひぜひ、足を運んでみてください!

兵庫の映画館 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/23(月) 23:04)

 カンヌ!
第58回 カンヌ国際映画祭 が5月11日?21日まで開催されております。

official siteにて写真満載のレポートがアップされており、なんとも豪華。
気になる作品もいっぱいあるのでまたまとめようかと思います。

d0032850_15184889.jpg


上写真は特別招待作品として上映された「スターウォーズ エピソード? シスの復讐」の出演者たち。ナタリー・ポートマンのスキンヘッドがあまりにも素敵です。新作で自由の闘士を演じる為だそう。

映画ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/20(金) 20:45)

 Little Birds -イラク 戦火の家族たち-
見るべきかとても悩んでいる。
予告編を見ただけで目をそむけたくなった。
yokoku02.jpg


監督: 綿井健陽
製作: 安岡卓治
撮影: 綿井健陽
編集: 安岡卓治
製作国:日本


レポーターとして日本のテレビなどへ現地の最新ニュースを送り続けたビデオジャーナリスト綿井健陽が、1年半の取材記録をまとめた戦争の真実。

オフィシャルサイト

2005/6/4~6/17 シネヌーヴォにて。

特別先行上映
5/21 13:30~ 大阪市福島区民ホール
対談 綿井健陽監督VS大谷明宏さん(ジャーナリスト)

見たい映画/5・6月公開 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/19(木) 14:37)

 アラキメンタリ
d0032850_22131288ara.jpg

監督: トラヴィス・クローゼ
製作: ジェイソン・フリード
音楽: DJ KRUSH
製作国:日本
 
出演: 荒木経惟
北野武
ビョーク
森山大道
神蔵美子


自らもファンであるアメリカ人映像作家が、写真家アラーキーこと荒木経惟の素顔に迫るドキュメンタリー。

オフィシャルサイト

2005/5/14-27 シネヌーヴォ
2005/5/31~ みなみ会館


見たい映画/5・6月公開 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/19(木) 14:25)

 We Want STAR WARS !!
スター・ウォーズ最終章、「エピソードⅢ シスの復讐」が大絶賛のもよう。
5月19日の全米公開を前に行われた試写会での様子が掲載されていました。

d0032850_1520258.jpg

以下FujiSankei Business i より。

ハリウッド芸能誌のメディアの声
「旧3部作のフォースが復活した。驚異的なヒットになるだろう」
「これを見れば、誰もがすぐにシリーズ全6作を見直したくなるだろう。世界的な大ヒットを記録するのは言うまでもない」

スピルバーグ監督
「これ以上望みようがない素晴らしい締めくくり」と絶賛。試写で感涙したことを明らかにした。

約20分にわたるオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーの子弟対決は、映画史に残る名シーンになるだろう。ちなみに、ダース・ベイダー誕生の秘密が明らかになった瞬間、会場からはどよめきと拍手が起きた。

しかし何といっても素晴らしいのは、1作目のタイトル「新たなる希望」を想起させるラストシーンだ。ファンはもちろん、大勢の人々が心を揺さぶられることは間違いない。上映時間の140分があっという間だった。


・・・と、まぁとんでもなく絶賛の嵐。
過去の3部作と比べられてか、エピソードⅠとエピソードⅡは評価的にあまり良くなかった。「スター・ウォーズ」自体がただむしょうに好きな、私のようなファンにしてみればそんな評価なんてどうでも良かったけど、やはり最終章にしてここまで評価が良いと嬉しい。ますます期待大。

日本公開は7月9日。

映画ニュース | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/18(水) 15:38)

 コンスタンティン / 2005.4.27 ブルク7
d0032850_22115760.jpg

監督: フランシス・ローレンス
原作: ジェイミー・デラノ/ガース・エニス
原案: ケヴィン・ブロドビン
脚本: ケヴィン・ブロドビン/フランク・カペロ
音楽: ブライアン・タイラー/クラウス・バデルト
製作国:アメリカ
 
出演: キアヌ・リーヴス
レイチェル・ワイズ
シア・ラブーフ
ティルダ・スウィントン

天国や地獄に属する者を見分ける能力をもつコンスタンティンは自分の死期を知り、悪を地獄へ送り返すために戦っていた。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓

[コンスタンティン / 2005.4.27 ブルク7]の続きを読む
映画作品 か行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/17(火) 20:49)

 モーターサイクルダイアリーズ / 2005.5.14 シネピピア
d0032850_2231253.jpg

監督: ウォルター・サレス
製作総指揮: ロバート・レッドフォード
原作: エルネスト・チェ・ゲバラ『モーターサイクル南米旅行日記』(現代企画室刊)
アルベルト・グラナード
脚本: ホセ・リベーラ
音楽: グスターボ・サンタオラヤ
製作国:イギリス/アメリカ
 
出演: ガエル・ガルシア・ベルナル
ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
ミア・マエストロ
メルセデス・モラーン


チェ・ゲバラがまだ学生時代、友人アルベルトとともに行った南米大陸横断の旅。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓

[モーターサイクルダイアリーズ / 2005.5.14 シネピピア]の続きを読む
映画作品 ま行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/16(月) 21:05)

 アマデウス / 2005.5.15 DVD
d0032850_225872.jpg

監督: ミロス・フォアマン
原作: ピーター・シェイファー
脚本: ピーター・シェイファー
振付: トウィラ・サープ(振付け・オペラ演出)
音楽: ジョン・ストラウス
音楽監督: ネヴィル・マリナー
製作国:アメリカ
 
出演: F・マーレイ・エイブラハム
トム・ハルス
エリザベス・ベリッジ


天才ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの死の真相を、サリエリが告白する。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓

[アマデウス / 2005.5.15 DVD]の続きを読む
映画作品 あ行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/16(月) 20:51)

 サラ、いつわりの祈り
55009s.jpg

監督: アーシア・アルジェント
原作: J・T・リロイ『サラ、いつわりの祈り』(アーティストハウス)
脚本: アーシア・アルジェント、アレッサンドロ・マガニア 
音楽: マルコ・カストルディ
ソニック・ユース
ティム・アームストロング
製作国: アメリカ
 
出演: アーシア・アルジェント
ジミー・ベネット
ピーター・フォンダ
オルネラ・ムーティ
ディラン・スプラウス
コール・スプラウス
マリリン・マンソン
ウィノナ・ライダー
マイケル・ピット

作家JTリロイの自伝的小説を映画化。突然里親のもとから実母のもとへ連れ戻され、暴力とドラッグに満ちた荒れた日常に身を置くことになった少年が体験する壮絶な日々と、それでも常識では計り知れない愛で結ばれていく母子の姿を痛切に描く。

オフィシャルサイト

テアトル梅田にて。公開日未定。
見たい映画/5・6月公開 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/15(日) 12:43)

 ホワイト・オランダー / 2005.5.5 DVD
d0032850_23444795.jpg

監督: ピーター・コズミンスキー
原作: ジャネット・フィッチ  『扉』講談社文庫刊
脚本: メアリー・アグネス・ドナヒュー
音楽: トーマス・ニューマン
製作国:アメリカ
 
出演: アリソン・ローマン
ミシェル・ファイファー
レニー・ゼルウィガー
ロビン・ライト・ペン

強く美しい母がある日突然逮捕され、行き場をなくした娘は里親のもとを転々とする。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓

[ホワイト・オランダー / 2005.5.5 DVD]の続きを読む
映画作品 は行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/06(金) 21:04)

最近のエントリー

ターネーション(09/04)
キャバレー / 2005.9.4 DVD(09/04)
スプラウト / 2005.9.1 梅田ガーデンシネマ(09/04)
コールドマウンテン / 2005.8.20 DVD(08/24)
ジョゼと虎と魚たち / 2005.8.20 DVD(08/24)
シカゴ / 2005.08.14 DVD(08/19)
この世の外へ クラブ進駐軍 / 2005.8.13 DVD(08/19)
フラッシュダンス / 2005.08.13 DVD(08/19)
サヨナラCOLOR / 2005.8.11 試写会(中央公会堂)(08/19)
Everything is Illuminated(08/10)


最近のコメント



最近のトラックバック

リ・マイブラ:【孤高の天才キーボーディスト】Money Mark(マニー・マーク)(09/10)


Copyright © 2004 ■■■映画館と映画な日々■■■. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。