■■■映画館と映画な日々■■■
   映画の紹介兼感想を、感じるままに書き留めてます。 いい映画館でいい映画を観たいという想いから、映画館の紹介も。まだまだ探索中。
  >> ホーム
  >> RSS
可南
Author:可南
映画が好き。
物語に入り込むのが好き。
最近穴場な映画館で2本立を見ることにはまりつつあります。


カテゴリ
大阪の映画館(3)
兵庫の映画館(2)
京都の映画館(1)
映画ニュース(3)
見たい映画/5・6月公開(8)
見たい映画/7・8月公開(4)
見たい映画/9・10月公開(3)
見たい映画/11・12月公開(0)
見たい映画/2006年公開(1)
見たい映画/公開日未定(5)
見たい映画/レンタル(0)
映画作品 あ行(6)
映画作品 か行(7)
映画作品 さ行(7)
映画作品 た行(4)
映画作品 な行(0)
映画作品 は行(9)
映画作品 ま行(4)
映画作品 や行(0)
映画作品 ら行(4)
映画作品 わ行(0)
過去の記事
2005月09月 (3)
2005月08月 (7)
2005月07月 (12)
2005月06月 (20)
2005月05月 (20)
2005月04月 (9)
リンク
パルシネマしんこうえん
テアトル梅田   
梅田ガーデンシネマ    
シネ・リーブル梅田
京都みなみ会館   
シネ・ヌーヴォ九条
天王寺アポロシネマ
千里セルシーシアター
CINEMAしんげき
シネ・ピピア
梅田ブルク7
ナビオTOHO
梅田ピカデリー
OS劇場
三番街シネマ
管理者ページ
サイト内検索
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク | トラックバック(-) | レス(-)
(--/--/--(--) --:--)

 アマデウス / 2005.5.15 DVD
d0032850_225872.jpg

監督: ミロス・フォアマン
原作: ピーター・シェイファー
脚本: ピーター・シェイファー
振付: トウィラ・サープ(振付け・オペラ演出)
音楽: ジョン・ストラウス
音楽監督: ネヴィル・マリナー
製作国:アメリカ
 
出演: F・マーレイ・エイブラハム
トム・ハルス
エリザベス・ベリッジ


天才ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの死の真相を、サリエリが告白する。

↓感想文は 続きを読む をクリック↓


サスペンス的な物語だと思っていたのですが、たいへんな勘違い。
宮廷作曲家のサリエリと、天才モーツァルトの人間性を描いた映画。

才能はあるが天才にはかなわない、ましてその音楽の素晴らしさが分かってしまうサリエリ。妬みはするが彼のオペラには必ず足を運んでしまう。
モーツアルトは小さい頃から天才ともてはやされ、自分の音楽に絶対の自信がある。しかし厳格な父の死との葛藤や、大衆うけしない音楽、浪費や酒癖など悩みはあった。

そんな2人の奇妙な関係。ラストまで見て、私はそれがある種の友情のようにも感じました。
2人を結び付けていたものは音楽。音楽に対する愛情・情熱がすさまじい。
サリエリはモーツアルトの天性の才能を憎み、それを与えた神さえも憎んだ。憎んではいたが音楽に関してはお互いに絶対的な信頼があったのではないかと思います。

ほとんど知識がなかったけど、その時代、音楽ともに楽しめました。

サリエリ役のF・マーレイ・エイブラハムは老人のほうも演じてたんですね。すごい。。。
スポンサーサイト
映画作品 あ行 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2005/05/16(月) 20:51)

<<モーターサイクルダイアリーズ / 2005.5.14 シネピピア | ホーム | サラ、いつわりの祈り>>



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://eigakantoeiga.blog11.fc2.com/tb.php/14-86bfef78


最近のエントリー

ターネーション(09/04)
キャバレー / 2005.9.4 DVD(09/04)
スプラウト / 2005.9.1 梅田ガーデンシネマ(09/04)
コールドマウンテン / 2005.8.20 DVD(08/24)
ジョゼと虎と魚たち / 2005.8.20 DVD(08/24)
シカゴ / 2005.08.14 DVD(08/19)
この世の外へ クラブ進駐軍 / 2005.8.13 DVD(08/19)
フラッシュダンス / 2005.08.13 DVD(08/19)
サヨナラCOLOR / 2005.8.11 試写会(中央公会堂)(08/19)
Everything is Illuminated(08/10)


最近のコメント



最近のトラックバック

リ・マイブラ:【孤高の天才キーボーディスト】Money Mark(マニー・マーク)(09/10)


Copyright © 2004 ■■■映画館と映画な日々■■■. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。